Earth friendship festival

news

新年のご挨拶

皆様、新年明けましておめでとうございます。

EFF実行委員長の芦田衞です。

2020年は今まで体験のない、苦難の年となられたと思います。

突然に日常の活動を控えることなり、どなた様も大きな痛手を負うことになられたと思います。

しかしながら、日常の当たり前を奪われたことで今までの方策が通用しなくなった今、今までの当たり前がどんなに有難いことだったか痛感する日々の中で感謝を覚えた方も多いのではと拝察申し上げます。

今年は今までの当たり前にしがみ付くのではなく、変化起動を主として進んで変革進化を遂げることがどなた様も急務になると思われます。

我々EFFは2020年は積極的に「チャレンジ」を起こし、様々な困難と思われるようなビッグイベントを成功させ、新しい驚きと価値を創出してまいりました。

従来の仕事の枠を超えて、大学生達と共感と共振・協働の下、お互いのポテンシャルを融合させ、未曾有のポテンシャルを秘めた「フットゴルフ」の可能性に接近し、その普及により大きなビジネスチャンスを発見できたことや、昨年末に打ち上げた「メッセージ花火」等は、世代や業界は関係なく、ただ理念の共有・共感をつなぐことで様々な方々より大きなご支援をいただき、様々な困難を成功に変えることができました。

これも今振り返れば新型コロナウィルスの副作用と思えることができます。このコロナのおかげで大きな変革のきっかけを得ることができたと思います。

私が以前より学んでいた倫理の学びよりいただいた「万障肯定」何があっても何が無くても「これが良い」と解釈することで全てを学びと捉えることができて、自分一人でだけで解決に挑むのではなく「ヒトの力を借りても良い」という新たな「許し」を自分に与える事はとても大きな成果を捻出する事ができました。

今だからこそ「自分の可能性」「価値」を信じ仲間の力を信じ、新しい可能性を創出し、価値の高い志事を邁進してまいります。

日々変化を続けるEFFの今年のステージにどうぞご期待ください。

今年のEFFはもっとおもしろい!

実行委員長 芦田衞